アルバイトで社会貢献

夏休みに行うアルバイトが、のちのちの長い人生に大きく役立つということは、いうまでもない事実である。今までにも、多くの若者たちがひと夏の経験によって、人間的に成長を遂げたというケースは多くあるといわれている。アルバイトであっても、立派な組織の一員であり、与えられた業務をこなすことにより、組織全体が向かう目標に向けて一歩一歩前進してくものである。また、どちらかといえば、年齢の近い仲間や家族などとの限られた人間関係から、自分よりもはるかに年上の世代とかかわりあいを持つ必要があることから、臨機応変な対応も必要になることが、結果として成長につながっているという見方もある。夏休みというのは、他の休みに比べた場合に、比較的長いことから、さまざまなことに挑戦することができるのが特徴といえる。中には、夏休みという長い期間のほとんどをアルバイトによって過ごすという若者たちもいる。働く業種業態もバラエティーに富んでおり、ファストフードやファミリーレストランはもとより、運送会社の倉庫内での仕分け作業やプールの監視員などと数をあげればきりがないほどである。確かなことは、いずれにおいても重要な仕事であり、社会的貢献をしているということである。むろん、働くことによって、賃金が発生し、自分の懐に入るのである。その時の満足感や充実感は、何物にも代えがたいものがあり、次へのステップともなる。たとえアルバイトであっても社会経済の担い手となっていることは間違いない。アルバイトの存在は社会には欠かせないものなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です